簡単に塗れますか?
誰でも簡単に塗っていただけますが、使用前に練り作業が必要となります。
DIYでご使用の際は、練り作業不要でそのまま使える「EM漆喰クリーム」のご使用をおすすめします。
水の量の目安どれくらいですか?
20kg/袋につき18リットルの水が目安です。
季節や天候により加減してください。
詳しくは施工方法をご覧ください。
ローラーや刷毛で塗れますか?
コテ塗りにはEM漆喰を、ローラー・刷毛塗りにはEM漆喰クリームをご使用ください。
その他詳細な施工方法は、施工方法のページをご参照ください。
施工はしてもらますか?
弊社では別途施工を請け負っております。
施工のご依頼方法は「LOHAS studio」ホームページをご覧ください。
下地処理は必要ですか?
下地材により下地処理が必要になる場合がございます。
詳しくは施工方法をご覧ください。
乾燥時間はどれくらいですか?
セメントなどが水硬性であるのに対し、漆喰は気硬性で、空気中の二酸化炭素を吸って時間をかけてゆっくり乾燥・硬化します。
完全乾燥には通常2~3日程度ですが、施工時の状況により2~3週間かかる場合もあります。
乾くと水分が飛んで白っぽくなるのが目安です。
どんな下地に塗れますか?
石膏ボードやビニルクロス、土壁等に施工可能ですが、あらかじめそれぞれの下地に合った処理をして頂く必要があります。
詳しくは施工方法をご覧ください。
塗厚の目安はどれくらいですか?
「EM漆喰」は標準塗厚1.5mmで、施工面積18平米/1袋(20kg)です。
「EM漆喰クリーム」は標準塗厚1~2mmで、施工面積10平米/1缶(20kg)です。
設計価格はどれくらいですか?
設計価格はEM漆喰が\4,000(税抜)/1袋、EM漆喰クリームが\14,000(税抜)/1缶です。

水廻りにも使えますか?
台所や洗面所、トイレなどに施工可能です。
ただし、浴室などの著しく湿気の多い箇所や直接水の掛かる可能性のある箇所への施工はお勧めしておりません。
施工した場合、剥離が起こる可能性があります。
EM漆喰や副資材は、どのように保管すれば良いですか?
EM漆喰、その他の専用副資材の材料は、屋内での保管を基本としてください。
湿気による劣化を防ぐため、材料を直接地面には置かずにパレットなどの上に置いていただくようお願いします。
EM漆喰やMKプラスター(専用下地材)などの粉体の材料は、温度が零下や30度を超える室内環境での保存も特段問題はありませんが、水気の近くや日射が直接あたる場所は避けて下さい。
EM漆喰クリームなどの液状の材料は、安全側でみて、5℃~35℃の範囲の室内で保管していただくことをお勧めします。
また、使用期限は、基本的に6カ月程度を目安に使いきっていただくことをお勧めいたします。
開封後はできるだけ早く使っていただき、やむを得ず保管する場合は、しっかりと密封してください。
石膏ボードに直接塗ることはできますか?
石膏ボードに直接塗ることはできません。塗る前に下地処理する必要があります。
詳しくは施工方法をご覧ください。
練った材料が灰色に見えるのですが、ちゃんと白くなりますか?
練った状態の材料は灰色に見えますが、塗装後に乾燥すると白(液体顔料を混ぜている場合はその色)になりますのでご安心ください。
ベニヤ板や木材にも塗れますか?
木部などの伸縮する下地には、クラックとアクの発生の可能性があるため、お勧めしておりません。
やむを得ず塗布する場合は、以下に従って施工してください。

合板はアクが発生しやすいので、市販のアク止め材とMKプラスターで下地処理を行ってください。
ただし、赤身の合板は使用しないでください。
  1. アク止めの下地処理
  2. MKプラスター塗布
  3. 上塗り施工(ボード下地の施工方法を参照
塗料を混ぜることはできますか?
専用の液体顔料がございますので、そちらをご利用ください。
他の塗料を使ってご自身で着色される際は、以下の点に注意してください。

  • 漆喰は強アルカリ性ですので、塗料との化学反応にご注意ください。
  • 塗料を混ぜることで、白華(乾くときに表面に白い粉が浮き出る現象)が起こる場合があります。
  • 専用液体顔料以外の塗料の混合により、化学反応や白華現象などが発生する可能性を予めご了承ください。
  • 着色には水性の無機顔料をご利用ください。
  • 濃い色はムラなどが起きやすいため、使用を控えてください。
MKプラスター2kgに水を入れて攪拌しようとしたが、撥水してしまって混ざりません。どうしたらいいですか?
MKプラスターは、4kg/袋を一度で使い切ってください。少量の場合、攪拌機にうまく巻き込めず攪拌することができません。
また、MKプラスターは比較的混ざりにくい下地のため、施工要領に沿って、5分以上入念に攪拌してください。
詳しくは下地処理材の作り方をご参照ください。