# 製品仕様

用途:内装・外装用塗り壁材
主成分:石灰(水酸化カルシウム[Ca(OH)2])
強いアルカリ性のため、皮膚、口、呼吸器などを刺激し、炎症を起こしたり、目に対して腐食性があり、視力障害を起こす場合がありますので、保護メガネ、ゴム手袋、防塵マスクを着用して取り扱ってください。

商品名 容量 施工面積 備考
EM漆喰 20kg 塗り厚1.5mm/18平米 加水量:18L
EM漆喰クリーム 20kg 塗り厚1~1.2mm/10平米 施工が簡単な練済み漆喰
液体顔料 1本 EM漆喰:1袋につき2本
EM漆喰クリーム:1缶につき1本
※シルバーグレーは上記の半量
EM漆喰・EM漆喰クリーム共に使用
MKプラスター 4kg/袋
20kg/袋
塗り厚1mm/3.3平米
塗り厚1mm/16.5平米
加水量:4kg/袋に対し1.4L
加水量:20kg/袋に対し7L
MKプラスター外装用添加剤 1kg/袋
5kg/袋
MKプラスター4kgにつき1kg 加水量:MKプラスター4kg+外装用添加剤1kgに対し1.8L
MK目地材 4kg/袋 30g/m(約133m/袋) 加水量:4kg/袋に対し800cc

# 用具の準備

  • 材料の配合・計量用
  • 混合用の樽
    洗浄用の刷毛
    ゴムバケツ
    ひしゃく
    攪拌機
    軽量バケツ
    グラスファイバーテープ
    マスキングテープ
    マスカー(300mm~2000mm)
    養生シート
  • 4 個 仕上げ材の練り用および用具の洗浄用
    1 個
    1 個 副資材の練り用
    1 個
    1 個
    1 個
    適当数
    適当数
    適当数
    適当数
  • 材料の塗り付け用
  • コテ
    ウールローラー(バケット)
    受け板
    パテベラ
  • パターン付け用
  • 刷毛
    櫛(くし)
    ローラー(推奨:マスチックローラー中毛13mm)
  • 入隅・出隅の角の処理や部分補修用
  • 隅用コテ
    ミニ刷毛
    アングルローラー・カプセルローラー
    ※これらがあると、細かい部分の仕上がりがきれいになるでしょう
  • その他
  • 防塵マスク
    ゴム手袋
    保護メガネ
    ウエス(雑巾) チリ際の処理など

# 仕上げ材及び下地処理材の作り方

  • EM漆喰
    1. 大きめの容器に、標準加水量の8割程度(約14.4L)の水を入れます。
    2. EM漆喰を投入し、5分以上入念に攪拌して材料のかたまりをなくしておきます。
    3. 充分に攪拌したら、軟らかくなりすぎないように残りの水(3.6L)を加えて練り上げます。
    ※所定量以上の水を加えて練り直すと、強度低下の原因になります。
  • EM漆喰クリーム(内装用)
  • ※EM漆喰クリームは、練り済みの漆喰です。
    1. 材料が固い場合は、攪拌機でよく攪拌します。
  • EM漆喰クリームの着色
  • 着色の際のご注意
    必ず専用の液体顔料を使用してください。市販の着色剤は化学反応を引き起こし、きれいに混ざらない場合があります。
    1. 水練りしたEM漆喰またはEM漆喰クリームに、液体顔料を加えます。
      ※液体顔料は、よく振ってご使用ください。
      ※EM漆喰1袋につき2本(シルバーグレーは1本)、EM漆喰クリーム1缶につき1本(シルバーグレーは0.5本)を使いきってください。
    2. 8分以上念入りに攪拌してください。底部までしっかり混ぜてください。
      ※着色した後に水を加えないでください。色ムラの原因となります。
  • MKプラスター(内装用)
    1. 大きめの容器に、標準加水量の8割程度(約1.1L)の水を入れます。
    2. MKプラスター4kg/袋を投入し、5分以上入念に攪拌して材料のかたまりをなくしておきます。
    3. 充分に攪拌したら、軟らかくなりすぎないように残りの水(0.3L)を加えて練り上げます。
  • MKプラスター(外装用)
    1. 大きめの容器に、標準加水量の8割程度(約1.4L)の水を入れます。
    2. MKプラスター4kg/袋、MKプラスター外装用添加材1kg/袋を入れ、5分以上入念に攪拌して材料のかたまりをなくしておきます。
    3. 充分に攪拌したら、軟らかくなりすぎないように残りの水(0.4L)を加えて練り上げます。
    ※所定量以上の水を加えて練り直すと、強度低下の原因になります。
  • MK目地材
    1. 大きめの容器に、標準加水量の8割程度(約640cc)の水を入れます。
    2. MK目地材4kg/袋を入れ、5分以上入念に攪拌して材料のかたまりをなくしておきます。
    3. その後、徐々に残りの水を加えて塗りやすい状態に調整してください。
    ※練り上げたあとは、約6時間以内にご使用ください。水の入れ過ぎに注意し、硬めに練ってください。
    所定量以上の水を加えると、目地痩せの原因になります。