# EM漆喰施工手順 1.新規の石膏ボード(コテ塗り)

  • 1.下地処理
    1. 石膏ボードがビスで充分固定されていることを確認します。
    2. 石膏ボードのジョイント部を、MK目地材でパテ埋めします。(目地埋め)
      ※他に下地に大きな欠けや穴がある箇所についても同様に、パテ埋めしておきます。
    3. 目地埋めしたパテが乾燥後、その上からグラスファイバーテープ(寒冷紗)を張ります。
      ※ファイバーテープ下に空気が残らないように注意しましょう。
  • 2.中塗り
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. MKプラスターを1.0mm の厚さで全面にコテ塗りします。
      ※この中塗りで、下地を完全にフラット(平ら)な面にしておきます。
    3. マスキングテープを剥がします。
  • 3.仕上げ
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.5~2.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 中塗りしたMKプラスターが完全に乾燥(1日程度)したのを確認したら、EM漆喰を一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(MKプラスターが出ない程度)に仕上げます。
      ※MKプラスターが乾燥後、コテベラまたはパテベラで表面の細かいバリ(突起)を削っておきます。
    3. 水が引かない内(10 分以内が適当)に早めにパターン付けをします。
      広い面を塗る場合は、一人が材料の地付け塗りをしながら、もう一人が追いかけでパターンを付けて仕上げていくと効率的です。
    4. 出隅・入隅も水引き前に仕上げます。
      ※出隅・入隅は、パターン付けの前に先に面引きをしておくと、よりきれいに仕上がります。
    5. 基本的に入隅から入隅までは、一連の作業の中で一気に仕上げるようにしてください。
      ※同一面での地付けの塗り継ぎは、ある程度(上からパターンを付ける作業時間の程度)なら間隔を空けることは許容できますが、一定範囲の地付けとパターン付けはできるだけ間を空けずに施工することが望ましいです。
    6. チリ周りの処理は、面単位での施工が終わるごとに養生テープを剥がしてチリ押さえをしてください。
      ※チリ周りは水引きが早いので早めに処理をするようにしてください。
  • その他注意点
  • 水が引いた後に重ね塗りをすると色ムラの原因になります。

# EM漆喰施工手順 2.コンクリート及びモルタル面(コテ塗り)

  • 1.下地処理
    1. コンクリートおよびモルタル面に、レイタンス・不陸・クラックなどがないことを確認します。
    2. レイタンス・不陸・クラックがある場合は、予め処理を行います。
      レイタンス:除去してください。
      不陸・クラック:市販の補修材で調整してください。
  • 2.中塗り
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 下地の表面がドライアウトしている場合や、気温が高い夏季は、MKプラスターを施工する前に、フジプライマーF45(※)3倍液を塗布してください。
      ※フジプライマーF45は、村樫石灰の商品です。
    3. MKプラスターを1.0mm の厚さで全面にコテ塗りします。
      ※この中塗りで、下地を完全にフラット(平ら)な面にしておきます。
      ※中塗りのあとは、シートなどで風および直射日光が当たらないように保護してください。硬化不良(ドライアウト)を起こす可能性があります。
    4. マスキングテープを剥がします。
  • 3.仕上げ
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.5~2.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 中塗りしたMKプラスターが完全に乾燥(1日程度)したのを確認したら、EM漆喰を一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(MKプラスターが出ない程度)に仕上げます。
      ※MKプラスターが乾燥後、コテベラまたはパテベラで表面の細かいバリ(突起)を削っておきます。
    3. 水が引かない内(10 分以内が適当)に早めにパターン付けをします。
      広い面を塗る場合は、一人が材料の地付け塗りをしながら、もう一人が追いかけでパターンを付けて仕上げていくと効率的です。
    4. 出隅・入隅も水引き前に仕上げます。
      ※出隅・入隅は、パターン付けの前に先に面引きをしておくと、よりきれいに仕上がります。
    5. 基本的に入隅から入隅までは、一連の作業の中で一気に仕上げるようにしてください。
      ※同一面での地付けの塗り継ぎは、ある程度(上からパターンを付ける作業時間の程度)なら間隔を空けることは許容できますが、一定範囲の地付けとパターン付けはできるだけ間を空けずに施工することが望ましいです。
    6. チリ周りの処理は、面単位での施工が終わるごとに養生テープを剥がしてチリ押さえをしてください。
      ※チリ周りは水引きが早いので早めに処理をするようにしてください。
  • その他注意点
  • 水が引いた後に重ね塗りをすると色ムラの原因になります。

# EM漆喰施工手順 3.既存の漆喰面(補修)(コテ塗り)

  • 1.下地処理
    1. 既存の漆喰面の強度や、はがれが浮きがないかを確認してください。
      ※はがれや浮きがある場合は、その箇所をはがしてパテ処理してください。表面にほこりが付いている場合は、刷毛やブラシで落とすか、洗浄します。
      ※洗浄方法:消しゴムまたは400 番のサンドペーパーで汚れを落としてください。油汚れは、薄めた中性洗剤にて洗浄してください。
    2. 不陸・クラックなどは、硬めに練ったMKプラスターを用いてあらかじめ補修してください。
      クラックが発生している場合は、全面に寒冷紗を貼り付けてください。
  • 2.中塗り
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 市販のアク・シミ止め材(※)を全面にムラなく塗り込み、乾燥させます。
      ※推奨:ハイポリックシーラー(ハネダ化学)
    3. MKプラスターを1.0mm の厚さで全面にコテ塗りします。
      ※この中塗りで、下地を完全にフラット(平ら)な面にしておきます。
      ※中塗りのあとは、シートなどで風および直射日光が当たらないように保護してください。硬化不良(ドライアウト)を起こす可能性があります。
    4. マスキングテープを剥がします。
  • 3.仕上げ
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.5~2.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 中塗りしたMKプラスターが完全に乾燥(1日程度)したのを確認したら、EM漆喰を一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(MKプラスターが出ない程度)に仕上げます。
      ※MKプラスターが乾燥後、コテベラまたはパテベラで表面の細かいバリ(突起)を削っておきます。
    3. 水が引かない内(10 分以内が適当)に早めにパターン付けをします。
      広い面を塗る場合は、一人が材料の地付け塗りをしながら、もう一人が追いかけでパターンを付けて仕上げていくと効率的です。
    4. 出隅・入隅も水引き前に仕上げます。
      ※出隅・入隅は、パターン付けの前に先に面引きをしておくと、よりきれいに仕上がります。
    5. 基本的に入隅から入隅までは、一連の作業の中で一気に仕上げるようにしてください。
      ※同一面での地付けの塗り継ぎは、ある程度(上からパターンを付ける作業時間の程度)なら間隔を空けることは許容できますが、一定範囲の地付けとパターン付けはできるだけ間を空けずに施工することが望ましいです。
    6. チリ周りの処理は、面単位での施工が終わるごとに養生テープを剥がしてチリ押さえをしてください。
      ※チリ周りは水引きが早いので早めに処理をするようにしてください。
  • その他注意点
  • 水が引いた後に重ね塗りをすると色ムラの原因になります。

# EM漆喰施工手順 4.古壁(繊維壁・古壁・土壁)(コテ塗り)

  • 1.下地処理
    1. 既存の古壁の強度や、はがれが浮きがないかを確認してください。はがせる所は極力はがしてください。
    2. 浸透プライマー(※)を塗って、土壁面を固めます。
      ※推奨:浸透プライマー(ヤブ原産業)
  • 2.中塗り
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 市販のアク・シミ止め材を全面にムラなく塗り込み、乾燥させます。
      ※ハイポリックシーラー(ハネダ化学)
    3. MKプラスターを1.0mm の厚さで全面にコテ塗りします。
      ※この中塗りで、下地を完全にフラット(平ら)な面にしておきます。
      ※中塗りのあとは、シートなどで風および直射日光が当たらないように保護してください。硬化不良(ドライアウト)を起こす可能性があります。
    4. マスキングテープを剥がします。
  • 3.仕上げ
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.5~2.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 中塗りしたMKプラスターが完全に乾燥(1日程度)したのを確認したら、EM漆喰を一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(MKプラスターが出ない程度)に仕上げます。
      ※MKプラスターが乾燥後、コテベラまたはパテベラで表面の細かいバリ(突起)を削っておきます。
    3. 水が引かない内(10 分以内が適当)に早めにパターン付けをします。
      広い面を塗る場合は、一人が材料の地付け塗りをしながら、もう一人が追いかけでパターンを付けて仕上げていくと効率的です。
    4. 出隅・入隅も水引き前に仕上げます。
      ※出隅・入隅は、パターン付けの前に先に面引きをしておくと、よりきれいに仕上がります。
    5. 基本的に入隅から入隅までは、一連の作業の中で一気に仕上げるようにしてください。
      ※同一面での地付けの塗り継ぎは、ある程度(上からパターンを付ける作業時間の程度)なら間隔を空けることは許容できますが、一定範囲の地付けとパターン付けはできるだけ間を空けずに施工することが望ましいです。
    6. チリ周りの処理は、面単位での施工が終わるごとに養生テープを剥がしてチリ押さえをしてください。
      ※チリ周りは水引きが早いので早めに処理をするようにしてください。
  • その他注意点
  • 水が引いた後に重ね塗りをすると色ムラの原因になります。

# EM漆喰施工手順 5.ビニールクロス下地(EM漆喰・EM漆喰クリーム共通)(コテ・ローラー塗り)

  • 1.下地処理
    1. ビニールクロスの強度や、はがれが浮きがないかを確認してください。
      ※はがれや浮きがある場合は、その箇所をはがしてパテ処理してください。
    2. 表面にほこりや汚れが付いている場合は、固く絞った雑巾や、市販のクリーナーで落とします。
      クロスのはがれているところは、市販のボンドで接着もしくはステープル留めにて処理してください。
      ※クロスはがれがひどい箇所は、部分的にはがしてパテ処理してください。
  • 2.中塗り
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 市販のアク止めシーラー(※)を全面にムラなく塗り込み、乾燥させます。
      ※推奨:ジュラックスシーラーNB(四国化成)など
    3. MKプラスターを1.0mm の厚さで全面にコテ塗りします。
      ※この中塗りで、下地を完全にフラット(平ら)な面にしておきます。
      ※極端にアクが強い場合や、既存下地の汚れなどがひどい場合は、アク止め機能が強い下地調整材(スーパーカーボンプラスター(四国化成))などを平滑に塗り付け、乾燥させます。
    4. マスキングテープを剥がします。
  • 3.仕上げ
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.5~2.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. 中塗りしたMKプラスターが完全に乾燥(1日程度)したのを確認したら、
      ■EM漆喰の場合
      コテ塗り:EM漆喰を一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(MKプラスターが出ない程度)に仕上げます。
      ■EM漆喰クリームの場合
      コテ塗り:EM漆喰クリームを一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(MKプラスターが出ない程度)に仕上げます。
      ローラー塗り:EM漆喰クリームをローラーにて2回塗りし、ローラー種類により所定の厚み(MKプラスターが出ない程度)に仕上げます。
      (マスチックローラー仕上げの目安として、2 回塗りで約1.0mmです)
      ※MKプラスターが乾燥後、コテベラまたはパテベラで表面の細かいバリ(突起)を削っておきます。
    3. 水が引かない内(10 分以内が適当)に早めにパターン付けをします。
      広い面を塗る場合は、一人が材料の地付け塗りをしながら、もう一人が追いかけでパターンを付けて仕上げていくと効率的です。
    4. 出隅・入隅も水引き前に仕上げます。
      ※出隅・入隅は、パターン付けの前に先に面引きをしておくと、よりきれいに仕上がります。
    5. 基本的に入隅から入隅までは、一連の作業の中で一気に仕上げるようにしてください。
      ※同一面での地付けの塗り継ぎは、ある程度(上からパターンを付ける作業時間の程度)なら間隔を空けることは許容できますが、一定範囲の地付けとパターン付けはできるだけ間を空けずに施工することが望ましいです。
    6. チリ周りの処理は、面単位での施工が終わるごとに養生テープを剥がしてチリ押さえをしてください。
      ※チリ周りは水引きが早いので早めに処理をするようにしてください。
  • その他注意点
  • 水が引いた後に重ね塗りをすると色ムラの原因になります。

# EM漆喰施工手順 6.LBS施工(EM漆喰・EM漆喰クリーム共通)(コテ・ローラー塗り)

  • 1-1.下地処理(新規石膏ボードまたは木下地)
    1. 下地の汚れやホコリなどは取り除いてください。
      枠、廻り縁、巾木などへのコーキングは不要です。
    2. 下地がステンレスまたは亜鉛メッキの専用ビスで固定されていることを確認してください。
      ビス間隔は下地材周辺部10cmピッチ程度、受け木部15cmピッチ程度で留められていること。
      ビスの頭が浮いている、もしくはボードの奥までめり込んでいる場合は、留め直してください。
    3. パテ処理(下塗り)
      下塗りパテ材(または上下塗り兼用パテ材)を目地部、ビス穴、出隅の小口部などに塗り付けてください。
      下塗り硬化後、サンドペーパー(#100)で平滑にしてください。
    4. パテ処理(上塗り)
      上塗りパテを塗り付け、硬化後にサンドペーパー(#100)で平滑にしてください。
      研磨後、表面に付着した粉は刷毛などで完全に取り除いてください。

    • 入隅に小さな隙間がある場合は、必ずボンドコークを入れ、平滑にしてください。
    • 出隅に不陸がある場合は、ヤスリなどで平滑にする、もしくはコーナー補強材を取り付け、パテ処理をしてください。
    • 石膏ボード端部に割れがある場合は、カットして取り除き、パテ処理をしてください。
    • 木下地はアクが発生しやすいため、アク止めシーラーを施工してください。
      LBSにはアク止め効果はありませんので、赤身の合板やコンパネなど、特にアクが発生しやすいものには施工しないでください。
  • 1-2.下地処理(既存クロス下地)
    1. クロス表面を剥がし、残った薄紙の下地との付着状況を確認してください。
      ボードにしっかり付いている薄紙は剥がす必要はありませんが、パテ部の薄紙及び浮いている薄紙は必ず剥がしてください。 (水分を含んだ際に薄紙が浮いてしまいます)
    2. 下地に凹凸が残っている個所は、パテ処理をして平滑に仕上げてください。
    3. 全面に必ずシーラーセットアップ(矢沢化学工業)または同等品を塗布してください。

    • クロスを剥がした際、ボード紙が剥がれてしまった場合は、パテ処理をしてください。
      ボードに段差がある場合も同様としてください。
    • 不要となったスイッチなどの開口部は、穴埋めをしてください。
    • ビスや釘が錆びている場合は、錆び止め剤を塗布するかステンレス製のビスに打ち替えてください。
    • ボードの浮きや亀裂など、破損が著しい場合は、ボードを張り替えてください。
  • 2.LBSの貼り付け
    • 糊は通常より多めにつけてください。
      (極東産機、ヤヨイ化学工業製の糊付機をご使用の際は、糊厚の調整ツマミを2から3に合わせてご使用ください)
    • LBSは全面ムラなく、縦貼りで貼り付けてください。
    • 必ず表(仕上げ面)をザラザラ面としてください。
    • LBSの圧着には、クロス専用のハケベラかスムーサーを使用し、空気が残らないようにしっかり貼り付けてください。
    • LBSのジョイント部は、目地用ローラーを使用し、しっかり押さえてください。
    • 糊付後のオープンタイムは、夏場5から10分、冬場10から15分程度とし、これ以上のオープンタイムを取らないでください。

    1. 平滑部
      シートのジョイント部は突き付け貼りもしくは重ね裁ちとしてください。重ね裁ちの際は、必ず下敷きテープを使用してください。
      LBSのジョイント部は、下地ボードなどのジョイント部と5cm以上離し、パテ処理部分と重ならないようにしてください。
    2. 出隅部
      LBSを回し貼りとしてください。
    3. 入隅部
      2から3cm巾のLBSをあらかじめ貼り、その上に両サイドからLBSを突き付けで施工してください。
  • 3.仕上げ
    1. マスキングテープ(必要に応じてマスカー処理)を下地から1.5~2.0mm の間隔をあけてチリ際に貼ります。
    2. LBSの糊が完全に乾燥(夏季は24時間後、冬季は中1日置いてください)したのを確認したら、
      ■EM漆喰の場合
      コテ塗り:EM漆喰を一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(LBSが出ない程度)に仕上げます。
      ■EM漆喰クリームの場合
      コテ塗り:EM漆喰クリームを一度しごき塗りし、追っかけで約1.5~2.0mm の厚み(LBSが出ない程度)に仕上げます。
      ローラー塗り:EM漆喰クリームをローラーにて2回塗りし、ローラー種類により所定の厚み(LBSが出ない程度)に仕上げます。
      (マスチックローラー仕上げの目安として、2 回塗りで約1.0mmです)
    3. 水が引かない内(10 分以内が適当)に早めにパターン付けをします。
      広い面を塗る場合は、一人が材料の地付け塗りをしながら、もう一人が追いかけでパターンを付けて仕上げていくと効率的です。
    4. 出隅・入隅も水引き前に仕上げます。
      ※出隅・入隅は、パターン付けの前に先に面引きをしておくと、よりきれいに仕上がります。
    5. 基本的に入隅から入隅までは、一連の作業の中で一気に仕上げるようにしてください。
      ※同一面での地付けの塗り継ぎは、ある程度(上からパターンを付ける作業時間の程度)なら間隔を空けることは許容できますが、一定範囲の地付けとパターン付けはできるだけ間を空けずに施工することが望ましいです。
    6. チリ周りの処理は、面単位での施工が終わるごとに養生テープを剥がしてチリ押さえをしてください。
      ※チリ周りは水引きが早いので早めに処理をするようにしてください。
  • その他注意点
  • 水が引いた後に重ね塗りをすると色ムラの原因になります。
    LBSの糊付けは、原液で使用するタイプの接着剤をご使用ください。
    推奨接着剤:ウォールボンド200/ウォールボンド100(矢沢化学工業)など